チラシの裏:今の憲法9条では誰も幸せにならない


今日は2009年5月3日である。すなわち憲法記念日である。(個人的にはそれ以外に重要なこともあったりするけどともかく。) で街を歩いていたら署名活動中の人につかまった。核兵器廃絶と、憲法9条を守る、という2つについて署名を集めている人たちだった。 そこで私は前者だけ署名してきた。後者にはどうしても相容れない持論があったからである。 ここでは、その持論を語らせてもらう。

前置きをしておくが、私はいわゆる共産党的な言説は好きなたちである。 戦争には反対だし、自衛隊が海外で戦ってくるのも反対だし、弱者の保護ももっとすべきだと思っている。 ただ、どうしても相容れない点がいくつかあって、その1つが憲法9条に関する見解である。

憲法9条はとにかく改正すべきである。そのベクトルをどうするかは議論の余地があるとして。 これが私の結論である。

それはなぜかというと、すでに憲法9条が無力化・形骸化が顕著になっているからである。 例えば、最近の大きな争点として集団的自衛権があがっているが、 これを認めたい派はどうにかして集団的自衛権が認められるように解釈しようとがんばっているし、 認めたくない派はそれができないようにどう論理を組み立てれば良いかがんばっている。 要するに、集団的自衛権について、憲法9条は何ら指針を示せていない。

そもそも警察予備隊なるものができた頃から歪み始めてはいたのだろうが、 今の自衛隊に関する情勢は、「解釈改憲なら国会内部でできる」と、妙な解釈をひたすら積み重ねて、 1946年当時には想定されていないような解釈がまかり通ってしまっているのが、現状の憲法9条である。

絶対に解釈改憲で達成できない事象を示すことなどできるだろうか。たぶん無理だと思う。 おそらく、憲法9条は、絶対的に禁止できていることなど何もない。 だから、憲法9条を盾にして、ある自衛隊の活動に反対したところで、無意味なのである。

では、自衛隊の活動範囲を広げたい人たちにとっては今の憲法9条はどうか。 正直、邪魔である。矛盾を起こさないように解釈を積み重ねるのは、かなり手間のかかる議論構築であるし、胡散臭さはどうしてもつきまとう。 だから憲法を変えたがっている。普通「改憲派」と言ったらこの人たちを指す。

要するに、憲法9条は、ある程度のハードルにはなっていても、絶対的な壁にはなっていない。 それが最大の問題点だと思う。微妙なハードルはいらない、壁にするか、完璧に取り払うか、どちらかにした方がましである。

今の憲法9条がどちらの指向の人にも良くないということを、理解していただけただろうか。 だから、私はとにかく憲法9条は改正すべきだと思っている。ただし、それをどういう内容にするかは、しっかり議論しなければならない。

私は改憲か護憲かで言えば、改憲派である。こういった理由で。 しかし、同じような意見を聞いたことがない。それが寂しくて主張してみた。