「検索」を検索する

目次


この調査の目的はただ一つ。 「検索」というキーワードを各ウェブページ検索エンジンにかけたらどういう結果が得られるでしょうか。 多少バリエーションはありますが、やりたいことはこれただ一つです。

なんともお馬鹿な企画です。 そもそも「検索」なんて抽象的なキーワードで何を調べようとしているんでしょうか。 検索をしている時点ですでに「検索」とは何かわかっているではありませんか。 そういう意味で「検索」とは最もナンセンスな検索キーワードでしょう。

また、検索エンジンにとってもある意味威信に関わる問題です。 自分の検索エンジンが「検索」で検索されないということは、要するに自分の検索エンジンはあまり重要でないと自分自身が認めたことになります。

というわけで、そういうメタ的ツッコミ満載なキーワード、「検索」を検索してみましょう。 調査日は2006年12月4日です。

「検索」の検索結果

まずは「検索」というキーワードで検索してみます。 対象検索エンジンは、日本語動作が保障されており、独自開発のロボットでデータ収集をし、順序をつけている(と私が予め確認している)ところです※。 現在では、 Yahoo!, Google, Windows Live, goo, Ask.jp, freshEYE, Infoseek※の7つです。 普通の設定で、1ページ目に表示されたものだけをカウントします。 (※細かいことを言うと、どうやらfreshEYEはデータはYahoo!に頼っているのでこの定義には当てはまりません。 ですが、Yahoo!系列の中でも、Yahoo!だけが結果がだいぶ違うので、一応分家筋の代表としてfreshEYEを調査対象に入れました。) (※InfoseekはGoogle検索とInfoseek検索と両方できますが、もちろんInfoseek検索のほうです。)

Yahoo!

  1. Yahoo!検索 (http://search.yahoo.co.jp)
  2. Googleホームページ (http://www.google.co.jp)
  3. ゆうびんホームページ 郵便番号検索 (http://search.post.japanpost.jp/7zip)
  4. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com)
  5. 郵便番号を検索 - goo 郵便番号 (http://postcode.goo.ne.jp)
  6. 郵次郎: 郵便番号検索サービス (http://yuujirou.twinspark.co.jp)
  7. FreeBSD search (http://www.jp.freebsd.org/search.html)
  8. 検索省 (http://kensaku.fks.ed.jp)
  9. CEEK.JP - 統合型メタサーチエンジン (http://www.ceek.jp)
  10. ANSI Whois Gateway: ドメイン名 / IPアドレス検索サービス (http://whois.ansi.co.jp)

Google

  1. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com/)
  2. Yahoo! JAPAN (http://www.yahoo.co.jp/)
  3. 郵便番号検索 (http://www.post.japanpost.jp/zipcode/)
  4. goo (http://www.goo.ne.jp/)
  5. Google (http://www.google.co.jp/)
  6. 検索するなら 9199.jp クイック ジェーピー (http://www.9199.jp/)
  7. ゆうびんホームページ 郵便番号検索 (http://search.post.japanpost.jp/7zip/)
  8. 郵次郎: 郵便番号検索サービス (http://yuujirou.twinspark.co.jp/)
  9. Google (http://www.google.com/intl/ja/)
  10. Japan Postal Code Search (http://yuujirou.inac.co.jp/)

Windows Live

  1. Japan Postal Code Search (http://yuujirou.inac.co.jp)
  2. Google (http://www.google.co.jp)
  3. Yahoo! JAPAN (http://www.yahoo.co.jp)
  4. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com)
  5. ゆうびんホームページ 郵便番号検索 (http://search.post.japanpost.jp/7zip)
  6. Mooter (http://www.mooter.co.jp)
  7. Yahoo!検索 (http://search.yahoo.co.jp)
  8. 郵便番号・市外局番・市町村合併検索「ゆうすけ ... (http://yuusuke.info)
  9. 郵次郎: 郵便番号検索サービス (http://yuujirou.twinspark.co.jp/zips/index.html)

goo

  1. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com/)
  2. Yahoo! JAPAN (http://www.yahoo.co.jp/)
  3. goo (http://www.goo.ne.jp/)
  4. 郵便番号検索 (http://www.post.japanpost.jp/zipcode/)
  5. goo (http://www.goo.ne.jp/)
  6. Google (http://www.google.co.jp/)
  7. 検索するなら 9199.jp クイック ジェーピー (http://www.9199.jp/)
  8. ゆうびんホームページ 郵便番号検索 (http://search.post.japanpost.jp/7zip/)
  9. 郵次郎: 郵便番号検索サービス (http://yuujirou.twinspark.co.jp/)
  10. Google (http://www.google.com/intl/ja/)
  11. Japan Postal Code Search (http://yuujirou.inac.co.jp/)

Ask.jp

  1. goo (http://www.goo.ne.jp/)
  2. Google (http://www.google.co.jp/)
  3. 【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト (http://www.infoseek.co.jp/)
  4. フレッシュアイ - 最新情報の検索サイト (http://www.fresheye.com/)
  5. 地図情報検索サイト:Mapion(マピオン)-住所/施設・地名/駅・路線名など... (http://www.mapion.co.jp/)
  6. MapFan Web(マップファン)-地図検索・ルート検索・天気予報・ 観光情報など... (http://www.mapfan.com/)
  7. タウン検索なら iタウンページ (http://itp.ne.jp/servlet/jp.ne.itp.sear.SCMSVTop)
  8. 検索エンジンのサーチエンジン166[ひろろ] (http://e-166.net/)
  9. Yahoo!ニュース - トップ (http://headlines.yahoo.co.jp/hl)
  10. サーチエンジンLink1000 - 検索エンジン・アクセスランキングのリンク集 - (http://school.sub.jp/accessup/)

freshEYE

  1. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com/)
  2. Google (http://www.google.co.jp/)
  3. Yahoo! JAPAN (http://www.yahoo.co.jp/)
  4. goo (http://www.goo.ne.jp/)
  5. ゆうびんホームページ 郵便番号検索 (http://search.post.japanpost.jp/7zip/)
  6. Yahoo!検索 (http://search.yahoo.co.jp/)
  7. MapFan Web(マップファン)-地図検索・ルート検索・天気予報・ 観光情報など情報満載! (http://www.mapfan.com/)
  8. 検索 New Wave (http://www.search-wave.com/)
  9. インターネット検索サービス @search(アット・サーチ) (http://www.nifty.com/search/)
  10. 検索エンジン-検索サイト.net-探したいものが見つかる! (http://www.kensaku-site.net/)

Infoseek

  1. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com/)
  2. Google (http://www.google.co.jp/)
  3. goo (http://www.goo.ne.jp/)
  4. エキサイト(Excite) (http://www.excite.co.jp/)
  5. インターネットタウンページ (http://itp.ne.jp/)
  6. Yahoo ! JAPAN (ヤフージャパン) (http://www.yahoo.co.jp/)
  7. 史上最強の全国病院検索エンジン集 ドクター・ナビ (http://www.doctor-navi.com/)
  8. キッズページ・日本の学校 (http://kids.glocom.ac.jp/schools/)
  9. ASCII24 - アスキー デジタル用語辞典 (http://yougo.ascii24.com/)
  10. 本をさがす (http://www.books.or.jp/)

自分の順位

Yahoo! 1
Google 5
Windows Live 見つからず
goo 3
Ask.jp 19
freshEYE 56
Infoseek 69

Yahoo!, Google, goo以外は惨憺たる有様です。Googleとgooも自分の検索結果でYahoo!に負けてるあたりが笑えます。 もっと自信持ってくださいよ。

"Search"の検索結果

「検索」とほぼ1対1対応する"Search"という英単語で同じように調べてみます。 こうすると海外のエンジンも考慮しなきゃいけない気もします。 でも例えばGoogleの英語版を使おうとしても勝手に日本人向けに調整された結果が出てくるんですよ。 普段使うには有能といえばそうなんですが。 まあ、可能な限り適度に英語版も試してみます。

Yahoo! (日本)

  1. インターネット検索サービス @search(アット・サーチ) (http://www.nifty.com/search)
  2. 何でも検索できるアクセスアップサイト『〓 SEARCH×SEARCH 〓』・・・(素材・壁紙・... (http://hammer.s15.xrea.com)
  3. サイト検索i-Search!! | Home (http://i-search.org)
  4. 雑貨ショップ検索サイト Zakka Search (http://ucgi.coconino.jp/zakka)
  5. ジー・サーチホームページ (http://www.g-search.or.jp)
  6. Windows Live (http://search.msn.com)
  7. 無題ドキュメント (http://www.g-search.co.jp)
  8. G-Searchデータベースサービス (http://db.g-search.or.jp)
  9. HP宣伝 メルマガ一括無料投稿いっきにドン! BELL SEARCH! (http://www.bell-search.com)
  10. 総合検索エンジン N-Search (http://www.n-search.net)

Yahoo! (アメリカ)

  1. AOL Search | Find What You're Looking For at search.AOL (http://search.aol.com)
  2. Advertise with Yahoo! Search Marketing (formerly Overture) (http://www.overture.com)
  3. AllTheWeb (http://www.alltheweb.com)
  4. CareerBuilder.com Jobs - The Largest Job Search, Employment and Careers Site (http://www.careerbuilder.com)
  5. USSearch.com - People Search (http://www.ussearch.com)
  6. WHOIS Search | Network Solutions (http://www.networksolutions.com/whois/index.jsp)
  7. Visit Network Solutions for Domains, Hosting, Web Sites and More (http://www.networksolutions.com)
  8. New Free AOL | We've Changed so Check It Out (http://www.aol.com)
  9. People Search - Find Classmates & Friends (http://www.reunion.com)
  10. Yahoo! Search (http://search.yahoo.com)

Yahoo! (カナダ)

  1. Yahoo! Canada Search (http://ca.search.yahoo.com)
  2. Google Canada (http://www.google.ca)
  3. Sympatico / MSN (http://sympatico.msn.ca)
  4. Canada 411 (http://www.canada411.ca)
  5. Yahoo! Canada People Search (http://ca.people.yahoo.com)
  6. Metasearch Search Engine - Search.com (http://search.com)
  7. Yahoo! (http://www.yahoo.com)
  8. Google (http://www.google.com)
  9. AOL Search | Find What You're Looking For at search.AOL (http://search.aol.com)
  10. AltaVista (http://www.altavista.com)

Yahoo! (イギリス)

  1. Google (http://www.google.com)
  2. AltaVista UK (http://uk.altavista.com)
  3. Yahoo! UK & Ireland Search (http://uk.search.yahoo.com)
  4. MSN Search (http://search.msn.com)
  5. Lycos UK and Ireland (http://www.lycos.co.uk)
  6. AllTheWeb (http://www.alltheweb.com)
  7. Metasearch Search Engine - Search.com (http://search.com)
  8. search (http://query.nytimes.com/search/advanced)
  9. [search.ch] - Die Schweizer Suchmaschine (http://www.search.ch)
  10. AOL Search | Find What You're Looking For at search.AOL (http://search.aol.com)

AltaVista

  1. Windows Live (http://search.msn.com)
  2. CNET Search.com (http://www.search.com)
  3. [search.ch] - Die Schweizer Suchmaschine (http://www.search.ch)
  4. search (http://query.nytimes.com/search/advanced)
  5. Google (http://www.google.com)
  6. SEARCH : The National Consortium for Justice Information and Statistics (http://www.search.org)
  7. AOL Search | Find What You're Looking For at search.AOL (http://search.aol.com)
  8. SearchEgg.com - Your Portal to the Internet (http://www.searchegg.com)
  9. Search Microsoft.com (http://search.microsoft.com)
  10. TIME Magazine Archives - TIME Archives - TIME Magazine Back Issues (http://www.time.com/time/magazine/archives)

Google (日本)

  1. インターネット検索サービス @search(アット・サーチ) (http://www.nifty.com/search/)
  2. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com/)
  3. フレッシュアイ - 最新情報の検索サイト (http://www.fresheye.com/)
  4. esp@cenet - Home page (http://ep.espacenet.com/)
  5. Webマーケティング Dragon.jp (http://dragon.jp/)
  6. Popular pages tagged with "search" on del.icio.us (http://del.icio.us/popular/search)
  7. Search: See what people are saying right now on Technorati (http://www.technorati.com/tags/Search)
  8. 雑貨ショップ検索サイト Zakka Search (http://ucgi.coconino.jp/zakka/)
  9. Yahoo!検索 (http://search.yahoo.co.jp/)
  10. BIGLOBEサーチ Attayo - 強力ネット検索 - (http://search.biglobe.ne.jp/)

AOL Search : enhanced by Google (アメリカ)

  1. MSN Search (http://search.msn.com/)
  2. Metasearch Search Engine - Search.com (http://www.search.com/)
  3. Google (http://www.google.com/)
  4. Yahoo! (http://www.yahoo.com/)
  5. Yahoo! Search - Web Search (http://search.yahoo.com/)
  6. SEARCH : The National Consortium for Justice Information and ... (http://www.search.org/)
  7. Search the Web (http://search.aol.com/)
  8. GO.com - Official Home Page (http://www.go.com/)
  9. MySpace.com (http://search.myspace.com/index.cfm?fuseaction)
  10. The Internet Movie Database (IMDb) (http://www.imdb.com/search)

Windows Live (日本)

  1. www4.hitachi.co.jp (http://www4.hitachi.co.jp/cgi-bin/search/e)
  2. www4.hitachi.co.jp (http://www4.hitachi.co.jp/cgi-bin/search/j)
  3. www.mofa.go.jp (http://www.mofa.go.jp/search.html)
  4. www.unep.or.jp (http://www.unep.or.jp/search_dtie/query.asp?FOCUS=/DTIE/PARIS/PC)
  5. www.unep.or.jp (http://www.unep.or.jp/search_dtie/query.asp)
  6. support.sotec.jp (http://support.sotec.jp/cgi-bin/search.pl)
  7. MiyagiTouristDataBook|Search (http://www.kankou-miyagi.net/english/search/index.htm)
  8. 検索・サーチ・ お探しものなら [ hi-ho Search ] (http://search.hi-ho.ne.jp)
  9. サーチエンジン・サーチ女史[Mrs.Search] (http://search.netisland.jp)
  10. Windows Live (http://www.live.com/?searchonly=true)

HotBot Web Search : powered by Windows Live (アメリカ)

  1. Metasearch Search Engine - Search.com (http://www.search.com/)
  2. Google (http://www.google.com/)
  3. Ancestry.com - Search Birth Records, Death Records, Marriage Records ... (http://www.ancestry.com/search/)
  4. Dogpile Web Search Home Page (http://www.dogpile.com/)
  5. Yahoo! Search - Web Search (http://search.yahoo.com/)
  6. Google Book Search (http://books.google.com/)
  7. WebCrawler Web Search Home Page (http://www.webcrawler.com/)
  8. Ask.com Search Engine - Better Web Search (http://www.ask.com/)
  9. Google Image Search (http://images.google.com/)
  10. Myspace.com (http://search.myspace.com/index.cfm?fuseaction=find&Mytoken=A6590929-10EC-C032-F9B1C50426C30DFC7421246)

goo

  1. Amethyst Blue (http://suin.jp/)
  2. インターネット検索サービス @search(アット・サーチ) (http://www.nifty.com/search/)
  3. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com/)
  4. フレッシュアイ - 最新情報の検索サイト (http://www.fresheye.com/)
  5. esp@cenet - Home page (http://ep.espacenet.com/)
  6. Webマーケティング Dragon.jp (http://dragon.jp/)
  7. Popular pages tagged with "search" on del.icio.us (http://del.icio.us/popular/search)
  8. Search: See what people are saying right now on Technorati (http://www.technorati.com/tags/Search)
  9. 雑貨ショップ検索サイト Zakka Search (http://ucgi.coconino.jp/zakka/)
  10. Yahoo!検索 (http://search.yahoo.co.jp/)

Ask.jp

  1. WonderLink【CGI配布サイト】 (http://yomi.pekori.to/)
  2. フレッシュアイ - 最新情報の検索サイト (http://www.fresheye.com/)
  3. アクセスアップの部屋 (http://found.edisc.jp/)
  4. 素材検索・ホームページ作成・運営に役立つ総合検索サイト 『Glow Search』 (http://www.glow.serio.jp/)
  5. Yomi-Search FAN! (http://sumi.cside.com/)
  6. The Search 検索エンジン (http://www.the-search.jp/)
  7. CJ-Club [www.cj-c.com] (http://www.cj-c.com/)
  8. Windows Live (http://search.msn.co.jp/)
  9. SPACE-SEARCH! ディレクトリ型総合検索エンジン (http://www.space2.jp/search/)
  10. SEO対策検索エンジンやきぶたサーチ (http://yakibuta.seo-search.com/)

Ask.com

  1. Ask.com Search Engine - Better Web Search (http://www.ask.com/)
  2. AltaVista (http://www.altavista.com/)
  3. Yahoo! Search - Web Search (http://search.yahoo.com/)
  4. Dogpile Web Search Home Page (http://www.dogpile.com/)
  5. Lycos (http://www.lycos.com/)
  6. AllTheWeb (http://www.alltheweb.com/)
  7. Excite (http://www.excite.com/)
  8. WebCrawler Web Search Home Page (http://www.webcrawler.com/)
  9. Homepage HotBot Web Search (http://www.hotbot.com/)
  10. Search.com - Metasearch Search Engine (http://www.cnetsearch.com/)

Ask.com UK

  1. Ask.com Search Engine - Better Web Search (http://www.ask.com/)
  2. AltaVista (http://www.altavista.com/)
  3. Search Recruitment Consultancy (http://www.search.co.uk/)
  4. Dogpile Web Search Home Page (http://www.dogpile.com/)
  5. Lycos (http://www.lycos.com/)
  6. AllTheWeb (http://www.alltheweb.com/)
  7. Excite (http://www.excite.com/)
  8. Yahoo! Search - Web Search (http://search.yahoo.com/)
  9. Homepage HotBot Web Search (http://www.hotbot.com/)
  10. WebCrawler Web Search Home Page (http://www.webcrawler.com/)

freshEYE

  1. 何でも検索できるアクセスアップサイト『〓 SEARCH×SEARCH 〓』・・・(素材・壁紙・... (http://hammer.s15.xrea.com/)
  2. インターネット検索サービス @search(アット・サーチ) (http://www.nifty.com/search/)
  3. サイト検索i-Search!! | Home (http://i-search.org/)
  4. WonderLink【CGI配布サイト】 (http://yomi.pekori.to/)
  5. 総合検索エンジン N-Search (http://www.n-search.net/)
  6. 雑貨ショップ検索サイト Zakka Search (http://ucgi.coconino.jp/zakka/)
  7. 情報戦略を支える総合データベースサービス Welcome to G-Search Homepage (http://www.g-search.or.jp/)
  8. 個人サイト検索エンジンT-Search (http://www.fado.if.tv/zero/)
  9. AsahiL Search-検索エンジン(Japan)、登録無料のサーチエンジン。 (http://www.asahi-living.co.jp/search.htm)
  10. アクセサリージュエリーショップ専門検索サイト【Bijoux Search!】 (http://www.bijouxsearch.com/)

Infoseek

  1. 検索デスク SearchDesk スタートページ (http://www.searchdesk.com/)
  2. Google (http://www.google.co.jp/)
  3. IPドメインSEARCH (http://www.mse.co.jp/ip_domain/)
  4. AllTheWeb.com (http://www.alltheweb.com/)
  5. CEEK.JP - 統合型メタサーチエンジン (http://www.ceek.jp/)
  6. Searching partners [出会い系につきURL削除]
  7. インテック・ウェブ・アンド・ゲノム・インフォマティクス (http://www.webgen.co.jp/)
  8. the National Museum of Natural History (http://www.mnh.si.edu/)
  9. NTT DoCoMo Net (http://www.nttdocomo.co.jp/)
  10. Press Clips (http://www.villagevoice.com/news/9850,cotts,2095,6.html)

自分の順位

Yahoo! (日本) 22
Yahoo! (アメリカ) 10
Yahoo! (カナダ) 1
Yahoo! (イギリス) 3
AltaVista 29
Google (日本) 49
Google (アメリカ) 3
Windows Live (日本) 10
Windows Live (アメリカ) 12
goo 24
Ask.jp 見つからず
Ask.com 1
Ask.com UK 1
freshEYE 109
Infoseek 見つからず

「検索」ではYahoo! > goo > Googleでしたが一応彼らは上位にいたのでまだいいんですよ。 Windows Live(含むMSN)は「検索」も"Search"も最小限しか書かれてないのに、まあ"Search"では健闘してくれたと思います。 大丈夫か、他の(Ask.jp, freshEYE, Infoseek)。 ちなみに米AltaVistaはたしかAlltheWebやinktomiといっしょにYahoo!に買収されてYST開発のベースになったはずなんですが、 なぜか検索結果がYahoo!と同じになりません。なんでだ。

何が検索されたか

「検索」、"Search"というキーワードで検索されたものを分類してみます。さあ、1サイト10件だけど調査対象を広げたから大変だ。

ウェブ検索サービス

自分自身、同業者、またはここまででは対象にしていなかった「他の検索エンジンに依存して検索をする」検索エンジンや非ロボット型検索エンジンです。

@searchとAttayoはそれぞれニフティ、BIGLOGEのISPのポータルになっているサイトで、Googleを用いています。 AOL Searchも米AOLのポータルサイトの検索ですが、やはりenhanced by Googleですので結果はGoogleと同じと思われます。 hi-hoもISPのポータルサイトでgooの検索を使用しています。 freshEYE, Mooter, Exciteはいろいろ検索するとわかりますが、ほとんど同じ結果を返します。 どうやら調べたところYahoo! (YST)からデータベースを提供されているようですが、 Yahoo!は表示順に独自の処理を加えているので他3者とは異なる結果が返るようです。 米AlltheWebと米英AltaVistaは今はYahoo!傘下に入ったはずですがなんか検索結果だけみるとよく分かりません。 Go.comはよくわかりませんがポータルっぽいです。検索はYahoo!を用いています。 Ask.comはAsk.jpの本家です。Ask.jpはあんまり使い心地よくありませんが、Ask.comはそこまで悪くもなさそうです。言語の違いでしょうか。 米Lycosは検索にはAsk.comを採用しています。しかし英Lycosは明記してないので検索は何を使っているのかわかりません。 Sympatico / MSNは普通にMSNみたいですが、SympaticoっていうのはどうやらカナダのISP事業者みたいでそことの合弁のサイトなんでしょうか。 HotBot Web SearchはWindows LiveとAsk.comの両方に1つの画面から検索がかけられます。非統合型メタサーチと言うようです。 search.chはなんとスイスの検索エンジンみたいです。ドイツ語は読めません、わたくし。 CEEK.JPは日本に戻って、これは日本での統合型メタサーチの代表格です。 複数のエンジンに一度に検索をさせて、結果を独自に集計してオリジナルの順位付けをするのがこの統合型メタサーチの特徴です。 Search.com、Dogpile Web Search、WebCrawer Web Search、米Exciteはこの統合型メタサーチを採用しています。 アメリカでは日本よりもメタサーチの普及率は高いのでしょうか。 また日本に帰ってきて、次のJWordは非ロボット型で、ページとキーワードを手動で対応させている検索エンジンです。 サーチ女史はよくわかりませんがおそらく自前でデータベースを作成して検索を提供しているもののようです。

なんかややこしかったですが、巷にあるウェブ検索の方式が一通り出尽くした感じですね。

分野限定付ウェブ検索サービス

全国の学校・教育機関等のウェブページの検索サイトだそうです。へー。

小規模ディレクトリ型検索エンジン

小規模とは言いましたがそれでもかなりのデータ量です。ディレクトリを数百用意しているところもざらです。 商業ベースから個人の趣味まで、また一貫したポリシーのリンク集からSEOのための被リンク作りまで、玉石混淆、幅が広そうな領域です。 最後のSearchEgg.comは英語なんであんまり理解してませんが、どうやらこの分類に分けておくのがよさそうです。

固有名詞内の単語

ちょっと検索してこういうのが出てくるとがっくりします。固有名詞を知っただけじゃ面白くないですし。

文章中(ソース中)の単語,URL等

これもありきたりで面白くない。こういう検索の意図に関係なさそうなページをたくさん拾ってくるエンジンはあまりよくないですな。

「検索」"Search"で検索したページ

実際資料なんかを探していると結構あるトラップです。そこからさらにリンクをたどらないとろくな情報がないのが辛い。

人のつながり

この項目は英語圏ばっかりですが、なんと言ってもびっくりしたのは最初の人捜し。 古い知人に会いたいときにその人のプロフィールを書けば捜してくれるサービスがあるようです。 日本じゃまだ興信所に行くとかしないと無理だよなあ。

特定情報の検索サービス

自前でデータベースを構えて、こんな情報をインターネットで閲覧できるようにしましたよ、という類のものですね。 いろんな種類があるものです。

検索情報サイト

で、上のような各種情報を探すにも検索エンジンがどんどん増えてきたので、こういう情報を求めるならこのエンジンですよ、 という一覧を作っているサイトです。私も検索デスクにはたまにお世話になっています。

「検索」の意図するところ

検索というものは、最初でもちょっとネタにしたようにメタな方向に進みやすい概念です。 つまりあるぐちゃぐちゃなデータがあって、それを整理して示すのが検索です。 その検索をさらに検索することもできるのです。「検索の検索」=「メタ検索」とでも言いましょうか。

ということで、まずは自前でデータを用意して検索サービスを提供する、一番下層の検索があります。 そしてその検索をいくつか束ねた検索サービスも提供できます。二層目の検索です。 さらに検索を束ねて三層目の検索を作ってもいいかもしれません。 基本的に「検索」とはそうした多層構造を持った言葉なのです。

各種情報の検索と、一部のウェブページ検索は、いろんな人が手で作り上げたデータベースを基にして作っている、 「一層目」の検索にあたるでしょう。まず「検索」でヒットするのはこうした種類のものがあります。 次にこれらのデータや、その他こうしたいい加減な文書も含めて、すべてウェブページになっています。 それらを対象にロボットを走らせてデータベースを作って提供する検索があります。 これを「二層目」とでも呼べるでしょう。「一層目」との違いが曖昧なので、「1.5層目」とかいう呼び名でもいいかもしれませんが。 こうしたものも「検索」と呼ばれます。 そして、一層目と二層目の両方に対して検索を提供する、三層目の検索があります。 CEEK.JPのような「検索結果に対しての検索」であったり、検索情報サイトのような「検索エンジンの検索」であったりします。

コンピュータはこれらの「検索」の意味を識別できませんから、こうした別々の層の「検索」を一気に教えてくれるわけですね。 それでこんな混沌とした結果が返ってくるのでしょう。

さて「検索」というキーワードで検索をすることはナンセンスだとか最初に言いましたが、 これは丁寧に言い直せば「ウェブページ検索」を検索することはナンセンスだと言うべきでしょう。 今使っている表現で言えば二層目の検索ですね。 では一層目の検索はどうでしょうか。例えば郵便番号が調べたければ、 やはり「検索」だけで検索をするのは馬鹿らしいです。「郵便番号 検索」で検索をする方がよっぽど効率いいですね。 さて問題は三層目以上の検索です。検索を検索する場合は何をキーワードに調べればよいのでしょう? 今回出てきた例では、例えば「検索情報サイト」のようなもの。 これは最もメタな場所にある検索であり、「検索」以外の言葉を使おうとするとどうもピントがずれてきてしまいます。

幸い私はアクセス解析のログを読んでいて参照元に見慣れないCGIがあるのを発見して、 それが「メタサーチ」というジャンルのCGIであることを知って、 そこからメタサーチというものについて知識を広げていくことができました。 検索デスクを見つけて、 まだまだ知らないインターネットの便利な使い方があったんだ、というのを知ったのもちょうどその頃です。 一段メタ=高い階層に移ったのですから、いままで見えなかった遠くが見えるようになった、 という比喩を持ち出すまでもなく便利になるのは当たり前なんですけどね。 もし、サイトを持ってなかったら。または、アクセス解析を設置しないままいたら。 私の成長はどれだけ遅れていたかな、と思うことがあります。

なんか前段妙に感傷的になってみましたが、話を戻すと「メタサーチ」という人口に膾炙しない言葉を使わずに、 検索の検索をどうやって調べたら知ることができるのでしょうか、ということでした。 たぶん、それはキーワード「検索」のみでいくしかないのでしょう。

ということで、意味がないと思って始めてみた「検索」の検索、まじめに考察すればなにやら意義もあるのでした。

三省堂「大辞林 第二版」

けんさく【検索】(名)スル
書物・カードなどから、必要な事柄を探し出すこと。

引用する場所がおかしい…


しまった。伏線を1つ回収し忘れてましたね。 俗称「『検索』でぐぐるとGoogleが5位問題(早口言葉)」。 特に検索結果には自信を持っているという発言が見られるGoogleですが、 そうすると日本国内ではYahoo!とgooに、アメリカでもMSNとメタサーチに、負けを喫していると考えていいんですかね?

検索サイトの評価

この問題を考える前にちょっとGoogleとYahoo!のシェアについて面白い記事を見つけたので貼っておきます。 要点を一応抜粋しておきましょう。2006年3月のデータみたいです。

Yahoo!検索のリーチは64.5%。インターネットユーザーの3分の2が利用している計算だ。 追走するGoogleが34.7%、MSN(search.msn.co.jp)が16.0%、goo(search.goo.ne.jp)が5.5%がであることから、 国内検索各社の中では圧倒的な存在だと言える。 一方、海外ではYahoo!が苦戦しており、米国をはじめ英国、フランス、ドイツなど欧州各国でもGoogleのリーチが飛び抜けている。 2006年3月の調査では米Googleは54.5%に対して、米Yahoo!は28.2%だった。 欧州ではさらにGoogle優位の情勢で、(略)

なお、リーチから算出したYahoo!検索ユーザーは2,628万人、Googleユーザーは1,414万人。 このうち両者を利用する併用ユーザーは929万人にのぼる。Googleユーザーの3分の2はYahoo!検索も使っている計算となり、「意外と併用者が多い」という。 萩原氏は「併用は日本だけの傾向ではなく、米国でも併用する傾向がある。 一般ユーザーは1つの検索サイトにこだわらず、複数の検索サイトを使っていることがわかる」と解説した。

さて、まじめに考えると、一般的に順位づけに重要な役割を果たしているのは、「被リンク」「キーワードマッチ」の2つみたいです。 細かいことを言いますと重要なページからの被リンクと重要でないページからの被リンクとでは重み付けが違いますし、 本文中のどの部分のキーワードとマッチしたか(title要素やheading系要素内は比較的重く、マークアップなしのものは比較的軽く、 さらにはimg要素のalt属性内や、被リンクのキーワードまで考慮対象)や何回マッチしたかなどなどいろいろあるようですが、 とりあえずよくわからないのでなんとなくで考えますが。

で、まずはリンクをどういう形で貼るかを考えるとよさそうです。 検索エンジンについての文章になって、「Googleはこちら」とか、 いちいちリンク貼りながら書くことって非常に少ないと思います。 Googleぐらい普通のネットユーザなら誰でも知っていると思いますし。 Yahoo!に関しても同じです。 あとはWindows付属のInternet Explorerの検索機能の標準がWindows Liveだからという理由でWindows Liveは使われるでしょうが、 いちいち紹介するようなものでもなさそうです。

情報量という数学的な概念がありますが、大雑把に言うと「あまり知られていないが重要な情報をよりよく知らしめる」ことを情報量が大きい、 とする考えです。だから100%の人が知っているようなことをいちいち繰り返しても情報量は限りなく0ですし、 誰にも気づかれないように情報を出しても情報量は大きくありません。 もちろん誰も重要だと思わないような情報も情報量は大きくありません。

でリンクの話に戻ると、リンクというのは比較的大きい情報量を持つ情報に当たるのかな、と思います。 例えば「Yahoo!にログインしてください」というのはいちいちリンク貼って説明したりしなくても皆さんできると思いますから、 いちいちリンクを貼ろうとはしません。情報量が少ないんです。 でも、「わかりやすいDocument Object Modelのリファレンス見つけたよ」 (何を自作自演してんだよ、とか言うな)とかいうのは検索したって見つけにくいものですからわざわざリンク貼るわけです。 情報量が大きいと思うからリンクを貼るんですね。

で、そうしたリンクの指されるものを、重み付けしてカウントするのですから、 被リンクが(重み付けされた状態で)多いとは、「情報量が大きいと多くの人が思っている」と考えられます。 その重み付けの方法にもいろいろあるわけですが、まあここでは省きます。

キーワードマッチはもっとよくわかりません。「18歳未満」で検索するとYahoo!がトップに来る、というのは有名な話です。 Yahoo!自体にはそんな言葉は書いていないのに、たくさんのアダルトサイトが「18歳未満」というリンクの先にYahoo!を指定しているからです。 で実際に「18歳未満」とか書いてあるページは5位ぐらいから出現してきます。 また、1回しかキーワードが出ないページと複数回キーワードが出るページでは扱いは違って当然ですが、 具体的にどうしたらいいのかも難しいです。

でこれらよくわからないものを総合したのが検索結果なわけです。 具体的にどう扱っているかは企業秘密ですから絶対わかりませんが。 わからないだらけでなんかアレですが、まあ憶測レベルで考察というか。

今回出てきたデータは、各検索エンジンが「多くの人が情報量が大きいと思っている」かつ「『検索』と関連性が高い」と考えた結果でしょう。 そう考えると、ユーザ数からも考えてYahoo!がトップに来がちなのは仕方がありません。そしてGoogleも続くでしょう。

面白いのは次にgooが来る点です。goo自体は何かのデフォルトになっているとかは聞いたことはありませんが、 ポータルサイトとしてそれなりの地位を確立しています。 それはやはりgooの検索も含んだ多種のサービスが評価されている証拠とも言えるでしょう。 逆に、Windows Liveが利用率の割に検索順位が低いのは、 ほとんどInternet Explorerのデフォルト検索機能を用いているユーザのアクセス頼み、となっているということを示しているのでしょう。

それ以外のところは、情報量が大きいとして認知されていない、としか言いようがないでしょう。おそらく。 まさか「検索」との関連性が低いなどとなっていることはないでしょうから。 まあがんばってくださいとしか言えません。

こんなもんでしょうか。オチがつけにくくなったけどおしまい。